異性から告白されたときの上手な断り方と危険を回避するポイント

異性から告白されたときの上手な断り方と危険を回避するポイント女性向け

異性から告白された(コクられた、告られた)とき、興味が無かったり好きになれないなら断ることになります。しかし告白の返事、断り方によっては危険なこともあります。

そこで、告白を断るときに気を付けたいポイント、危険な理由を紹介します。よく知らない相手から告白されたときに、どう対処するのが最善かについては

よく知らない異性から告白された!ときはどう対応するのが正解?
特に中学生や高校生では、友達でもないし仲良くない、話したこともない相手からの告白をされる(コクられる、告られる)ことがあります。相手のことは知らないことも多く、知っていてもウワサや漠然とした情報くらい。 では、相手のことを何も知らない...

こちらの記事をご覧ください。記事中の「断るときは」の項目を、当記事ではさらに詳しく書いています。ある程度お互いのことを知っている関係での上手にふるテクニック、また特に女性は注意した方がいい内容です。

※女性が男性から告白されたと想定して書いていますので、ご自身の立場によって読み替えてご覧ください。

スポンサーリンク

告白を断るときに注意が必要な理由

まず告白を断るときに、特に考えずに断るリスクについてです。

嫌がらせを受けるかも

もし相手に気遣いせずに断ると、「せっかく俺が告白してやったのに、むかつく」みたいな感情を抱く人もいます。

そして変なウワサを流されたり、いじめといった嫌がらせに発展することもあります。

ただ断るだけではダメなのですっ!

ストーカーになるかも

まずい断り方をすると、相手は自分の思いを成就させるためには手段を選ばなくなることも。人によってはストーカーによって思いが届くと考えることもあります。

ストーカーになるリスクを減らす為にも、

ただ断るだけではダメなのですっ!!

恨みを買うかも

断り方と間違えると、相手の恨みを買うことにもつながります。刺されたくないですよね?

告白を断るうえでは、最低限「言ってはいけないこと」が存在します。

ただ断るだけではダメなのですよっ!!!

上手な告白の断り方

それでは本題に。告白を上手に断る方法です。

その人を否定しない

告白をしてきた相手自体を否定する言葉、たとえば人格否定、人間性の否定、性格の否定などはしないように気を付けます。

相手がどんな人間であっても、これらの言葉を含めて断ると恨みを買うなど上述のリスクが発生します。単に告白を断るだけなら「ごめんなさい」と言えば済みますが、もしかしたら

  • なんで?
  • 他に好きな人でもいるの?
  • 俺のどこがダメなの?

といった問答に発展する可能性があります。そうすると、うっかり性格について触れてしまうことが考えられます。たとえば「私、もっと男らしい人が好きなの!」と言うと、間接的に「貴方は男らしくない」と伝えることになるので、人格否定につながってしまう恐れがあります。

特に告白を断る理由を聞かれたときや、自分から理由を説明してしまうときは注意が必要です。誰だって自身の内面を否定されるのは嫌なもの、人によってはそれが怒りや憎しみに変わることも。スマートな断り方は、”告白自体”と人間性の是非とは切り離して行います。

希望を残さない

もし断るときに付け入るスキ

  • もっと押せば何とかなるんじゃないか
  • 自分が変われば望みがあるのでは

などと思わせるのは得策ではありません。諦めてくれなくなったり、告白を断っても受け入れてくれなくなる原因になります。最善は

「どんなに頑張ってもモノにすることはできない」

と思わせること。たとえば、米軍の鬼軍曹のような女性がいたとしましょう。その人に告白してフラれたら、「俺は絶対に諦めない!意地でもモノにしてやる!」とはならないかと思います。どんなことをしても絶対に落とせないようなものなら、人は素直に諦めるものです。

好きな人がいると言う?

よく「他に好きな人がいるから!」と断ることがあります。しかし前項と同じで、ならその好きな人にフラれたり、不仲になれば俺と付き合ってくれる?という考えに行きつきます。

そうすると変なウワサを流されたり、自分と付き合うために工作することになりかねないので、希望は持たせるべきではありません。

お礼は伝える

告白してくれたことには、お礼を伝えるようにしましょう。「告白してくれて、ありがとう」など、ありがとうと言葉で伝えると反発が少なくてすみます。

大事なのは相手に配慮することです。

断り方の例文

「告白してくれて、ありがとう。でも、〇〇君の気持ちに応えることはできない。ごめんね。」とシンプルに断って、それで諦めてくれるなら一番。もし「なんで?」などと聞かれたら、上述したことに気を付けて回答しましょう。

シンプルな回答で素直に引き下がるなら、相手もそこまで期待していなかった可能性が高いといえます。しかし理由を求められたりすると、自分に自信があって、告白を断られることが意外で納得していないと考えられるため、慎重に対応する必要があります。

告白を留保するのもアリ

もし相手が良い人、たとえばストーカーなどの危険性もない思いやりのある人だった場合、告白を断らずに留保するのもアリです。たとえば

「今は付き合えない。でも〇〇君が嫌いなわけじゃないから、今よりもっと魅力的な人間になったらそのときにまた考える」

ってのもメリットがあります。相手は人間性を磨いて成長し、本当に魅力的な人間になってステキな恋人や夫婦となる可能性も残されています。そのため断るor付き合うだけが選択肢ではなく、相手の成長に期待して告白を留保するのも立派な戦略です。

断るときは慎重に

告白を断るだけでも、相手に配慮した方法で行います。これは告白に限らず、あらゆる人間関係に共通することですが、特にその人自体の人間性を断ること、人格の否定にならないように留意しましょう。(極端な話だと、アンタなんか生理的に無理!と言われたら、誰でも不快になるはずです)

告白自体と人間性を切り離して断るのが上手な方法です。ただ断る理由に触れるときは、どう答えるか迷うもの。理想は相性など、どうにもならないことを理由にすると納得しやすくなります。

よく知らない異性から告白された!ときはどう対応するのが正解?」では相性のせいにして断るときのシュミレーション的な解説をしています。たとえば、寂しがり屋の女性と、一人の時間が大好きな男性は絶望的にうまくいかないのは明白です。お互いのことをよく知っているとき限定ですが、相性で断るのは後腐れのない方法です。

タイトルとURLをコピーしました