彼とのドライブデート!助手席で気を付けたいこと、と好印象のコツ

彼とのドライブデート!助手席で気を付けたいこと、と好印象のコツ女性向け

好きな人や彼氏の車に乗ってドライブデート!

他にも送迎してもらうときや、デートじゃなくても男性が運転する車に乗る機会は多いもの。

そんなとき、女性はどのようなことに気を付けたらいいでしょうか?また、相手の印象を良くするコツや助手席に乗るときに意識すると良いことを、運転しない方にも分かりやすいように紹介します。

助手席で気を付けたいこと

まずは助手席に乗るときに、気を付けた方がいいことから紹介します。

ドアを強く閉める

これは女性に多いのですが、ドアを大きな音がするほどに勢いよく閉める人がいます。風が強い日や傾斜があるときは仕方がないのですが、それ以外で強く閉めると車が好きな男性はたいてい嫌がります。

閉めるときは、半ドアにならない程度に優しく閉めた方が良いでしょう。不満が言える仲ならいいですが、まだ相手に言いづらい仲だと不満が残り印象を悪くする恐れがあります。

サイドミラーが見えない位置にいる

例えば車線変更するときや駐車するときはサイドミラーを見る必要があります。しかし、人によっては助手席に前傾姿勢で座ったりして、運転席からサイドミラーが見えないような位置にいることも。

特に駐車中は「邪魔!」ってなりかねないので、車をとめようとする前は気を付けた方が良いでしょう。

こぼれる食べ物を気にせず食べる

下にこぼれる可能性が高い食べ物、例えばクッキーやせんべいなどがありますが、それを気にせず食べて座席を汚す人は敬遠されます。気にしない人もいますが、掃除をするのは誰?ということを念頭に置いて食べた方が良いでしょう。

もし食べる場合は下にハンカチを敷くなどの対策を忘れずに。

スマホをいじる

これは嫌われやすい行動です。彼は運転に集中していると会話にまで気が回らないかもしれないですし、退屈になることもあるでしょう。

しかし、そこでスマホをいじり出すと「つまらないのかな?」と思わせる行動ですし、実際につまらなかったとしても女性から話題を振ったり景色を見たりした方が良いです。彼は運転をして、自分はスマホで別のことをする、それはただの運転手のようです。

スマホは見過ぎずに、彼といるときは彼とのことに時間を割くのが最善です。

助手席で寝る?

これが最も助手席でしない方がいいこと、といわれることが多いかと思います。しかし私はこの記事でも書いている通り、むしろ寝てもらった方がいいと考えています。

車の運転中に彼女が助手席で寝るのはナゼ?その深層心理や理由とは
ドライブ中に彼女が助手席で寝ていると「こっちは疲れてるのに・・・」と不満に思う男性が多いことはよく知られていることです。しかし、実はこれには意外な深層心理が隠されているのです。 彼女が寝る理由を考えると見方が変わる 彼女はなぜ寝るのでし...

寝れるのは運転者を信じている証拠です。何より、助手席で寝た程度で怒る、機嫌が悪くなるような相手では今後が思いやられるのでは?と考えが方が良さそうです。

ということで、助手席で寝るのはイイコトです。

好印象につながる助手席でのコツ

では反対に、より印象を良くするためのコツはあるのでしょうか?

スマホをほとんど見ない

スマホを見過ぎることはしない方がいいと書きましたが、逆にスマホをほとんど見ないような女性は好印象につながります。

彼とのドライブデートを楽しんでいる、彼との時間を満喫していることが彼に伝わると「運転していて良かった」と思ってもらえます。

食べ物や飲み物を開けてあげる

運転中に食べ物を食べやすいように開けて渡す、飲み物はふたを開けてから渡す、これらができると高得点。

気遣いができる女性は誰にでも好かれます。信号待ちのときなら自分でもできますが、信号が無かったりタイミングが悪く飲み物に手を出しづらいときも多いので、サポートしてあげると好印象です。

また、彼が食べたり飲んだりしているときは、信号を見ていてあげると尚よしです。歩行者用の信号を見ていると変わるタイミングは予測できるので「そろそろ信号変わりそう」など言ってあげるといいかもしれません。

道案内をする

昔、女性は地図を読めないと話題になったことがありましたね。今はカーナビだけではなくスマホでナビもできるので地図を読む必要性は低くなっていますが、スマホだとルートが複数出ることがほとんどです。

運転していると見落とすこともあるので、助手席でルートの確認や駐車場などを調べてあげれば好感度は上がることでしょう。

「ここ行きたい!」と言って、経路や高速料金などを運転者任せにすると印象は良くありません。

眠くない?など優しく声をかける

これは少し打算的な気もしますが、長距離の運転や渋滞など眠くなりそうなシチュエーションのときは「眠くない?」や「少し休憩する?」といった優しい言葉をかけると嬉しい男性は多いです。

本心で言うなら良しですが、社交辞令的に言うと伝わるので、思ってないなら言わない方がいいかも。いずれにしても、ポイントは彼のことをよく見て状態を把握すること。人は「よく見てくれている」と思うと好感を抱くものです。

自分から話題を振る

これは人にもよりますが、運転中は集中していることが多いので可能なら女性から話を振った方が会話は弾みやすいです。脳の領域で運転作業の占める割合が増えると会話に割けなくなって、会話が途切れ途切れになりやすいので、女性が会話を先導すると運転者にとっては楽ですね。

余談ですが運転中は集中していることが多いため、例えば食事中の会話とは異なります。具体的には、運転に思考を割いているため彼女との会話のウェイトは下がりやすいといえます。そのため、”彼女との会話”には普段ほど頭を使えず直感で答える傾向があり、普段聞けないことを聞くと素直に答えてくれることも・・・浮気とか・・・。

気遣いを忘れないことが大切!

ドライブデートで気を付けたいことは、基本的には気遣いを忘れないことです。どんな言葉や行動でも、気遣いを意識しておくと印象を悪くすることがありません。

また、より多くの気遣いをすることによって、彼からの好印象を獲得することができます。ただやり過ぎると”あざとさ”も出てくるのでほどほどにした方がいいですが、本心からの言動ならそれは出ないので運転への感謝の心を持ちながら接すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました